「スキルはないけど転職したい...」20代におすすめの転職エージェント3選

朗報!仕事は無理して頑張る意味がない3つの理由。

ゆうけん

  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 無理してきたけど、なんだか仕事を頑張る意味がわからなくなってきた…
  • なんか一気にやる気がなくなってしまった…
  • 毎日苦しいけど、ここまでして仕事を頑張る意味ってあるのかな…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

その気持ち痛いほどにわかります。

  • 仕事が多すぎて残業なんて当たり前
  • 仕事が終わらない。泣きそう。
  • 無理難題なのに誰も助けてくれない
  • 仕事をどんどん押し付けられる
  • 仕事が終わらないと上司に怒られる
  • いろんなプレッシャーに押しつぶされそう
  • もう頭がパンクしてしまいそう

ぼくはこういったことが辛くて、ストレスで押しつぶされそうでした。

 

次第に、こんなに頑張る意味ってなんだっけ?と思うようになりました。

 

冷静に考えてみたところ、意味なんてなかったんです。

そう。仕事を無理して頑張る意味なんてないんです。

 

この先の記事を読んでいただければ、きっとあなたの気持ちも軽くなるはずなのでぜひ読み進めてみてください。

あなたに伝えたいことがたくさんあるんです。

 

仕事は無理してまで頑張る意味ってあるの?

  • 結論:ありません。仕事は無理に頑張るほどの価値はないです。

「いや、それは社会人としてまずくない?」

「無理してでも頑張るのが仕事って上司には言われたよ…」

そんなことを思うかもしれませんが、間違いです。

 

仕事は無理して頑張るほどの価値はないし、意味さえもありません。

そんなもんなのです。

 

むしろ、「無理してでも頑張るのが仕事」だと思わされている職場環境は非常に危険です。

 

できることなら、今日この瞬間から転職の準備を始めた方がいいかもしれません。

そのくらい、あなたの状況は良くないということです。

 

理由は次の章でお話しさせていただきます。

 

仕事は無理してまで頑張る意味なんてない3つの理由

仕事とは”たかが”お金を稼ぐための活動

仕事とは本来、お金を稼ぐための活動です。

そこに、意味とか、価値とか、責任感とか色んな名前をつけることで、ぼくたちは「働くとは素晴らしいことなんだ」と思わせられているのです。

 

なんで?って思いますよね。

なぜなら、会社が潤うからです。経済が回るからです。

 

働く意味」とか、「自分の仕事には価値がある」とか、「責任感を持つべき」といった考えが蔓延している方が、会社員を奴隷のように扱いやすいのが理由ですね。

 

だから、本来、仕事に意味なんてないんです。

 

たかが仕事。

仕事なんて、たかが仕事くらいのモチベーションでいいんですよ。

 

よくよく考えてみると「自分が働いている会社やばいかも」と思うなら、転職の準備を始めた方がいいかもしれませんね。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

仕事を頑張っても得をするのは会社

あなたが会社員であるならば、あなたがどんなに努力しても、その結果、大きな成果を出せたとしても、得をするのは会社です。

この事実は会社員である限り、変わりません。

 

もちろん、ボーナスという形で「雀の涙」ほどのおこぼれは貰えるかもしれません。

でもその程度です。

 

そのために死ぬ気で頑張る意味ってあるんですかね。

 

とはいえ、会社員ならば、会社が求める最低限の業務はこなさなければいけません。

 

でも、それ以上は頑張る意味ないですよね。

なぜなら、給料は上がらないし、責任やストレスが増えるだけ

 

そこに意味や価値を感じるなら、やればいい。頑張ればいい。

でも最終的に得をするのは会社です。

 

逆に、意味を感じないなら、無理に頑張らなくていいとぼくは本心から思います。

 

もし、必要以上の仕事を強制されたり、仕事のストレスが限界にきてる方は、それ以上頑張らなくていいんですよ。

 

無理しなくていいんです。

仕事なんて、”たかが”、お金を稼ぐための活動です。

 

苦しいなら、転職という選択肢もありますし。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

仕事=あなたの人生ではない

仕事はあなたの人生のたった1ピースです。

昭和的な考えの方は、「仕事=人生」だとか「仕事は死ぬ気で向き合うべきだ」とか言いそうですが、そんな大層なものではありませんよ

 

仕事なんてたかが仕事。お金を稼ぐ以上に意味をつけなくていいんです。

 

仕事に意味をつけたがる人は「仕事=人生」になっている場合が多いのですが、仕事をしなくても人生を続きます。

 

仕事をしなくたって、人生に意味はつけられるし、価値だって生み出せる。

 

話がそれてしまいましたが、仕事は無理して頑張るほど価値はないし、意味なんてそもそもありません。

 

仕事=人生」なんて古い考えは捨てて、たかが仕事くらいの気持ちでゆったりと、自分らしく働くことの方がよっぽど意味があると思います。

 

今の仕事が耐え難いほどに苦しくて、もう頑張ることに疲れた…と思うなら、転職してみるのもおすすめですよ。

 

たかが仕事。無理して頑張らなくていいんですよ。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

仕事や職場が合わないなら、逃げてもいい理由

自分なりに頑張ってきた。でももう限界。これ以上はこの仕事を頑張れない…という方は逃げてもなんとかなります。

 

簡単に理由を説明すると、

 

  • どの業界も人手不足で人材確保に躍起になっている
  • 多少の社会人経験や実績、スキルがあれば超優遇される
  • 結論、数打てば割とアンパイな会社に採用される

一歩踏み出す勇気さえあれば、案外なんとかなります。

 

  • 「直近のお金がない」
  • 「アピールできるほどのスキルがない」
  • 「親に迷惑がかかる」
  • 「親や親戚、友人にばれたら恥ずかしい」
  • 「会社や上司、クライアントに迷惑がかかる」

こんな不安も全部わかります。

 

でも、お金がなくても、決心がついてなくても、家族に多少の迷惑がかかるとしても、会社がほんの少し困るとしても、

辞めていいんです。

自分優先で何が悪いんですか。

自分あっての人生です。

 

ちなみに当時のぼくもスズメの涙ほどの貯金しかありませんでした。リアルな貯金額は3万円とかだったと記憶しています。

もっというと、面接でアピールできるほどのスキルや実績なんてありませんでした。

 

そんなぼくでも転職活動を始めてたった1ヶ月で内定5社獲得できました。

つまり、ぼくのような微妙なスキル(簡単なExcel処理やクライアント対応程度)でも、別の会社では重宝されることもザラにあるということです。

 

何が言いたいかというと、あなたにはもっと向いている環境があるんです。

そしたら、あなたが取るべき選択肢は1つしかありません。

今の環境から抜け出すことです。

 

  • 家から近くて通勤が楽
  • 出勤時間が選べて、朝ゆっくりできる
  • 休日が多くプライベートを満喫できる
  • 今の職場より年収が高い
  • 住宅手当などの福利厚生が整っている
  • 残業が少なく、定時退社が当たり前
  • アットホームで人間関係が良好
  • 裁量が大きく、市場価値を高めれる

自分から動けば、こういった胸がトキメクような仕事が意外とすぐに見つかります。

 

しかし、あなたが悩んでいるうちに、そういった求人はどんどん埋まってしまいます

 

ちなみに、ぼくが当時使っていた中でおすすめの転職サービスは下の3つです。

実際にホワイト企業からの内定も出ているのでどれも文句なしだと感じました。

 

第二新卒エージェントneo

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

ウズキャリ第二新卒

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

就職Shop

書類選考なし大手企業の運営で安心カウンセラーのレベルが高い』の三拍子

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

それぞれの特徴や評判などを、もっと詳しく確認したい方は下の記事を読んでみてください。

転職したいけどスキルがない..20代に強いエージェント3選|おすすめ

 

今の職場に不満のある方は「いきなり転職!」とまではいかなくても、他の会社を見てみるくらいはしておくと良きです。

いざ転職活動する時に「1社も内定が獲れない..」といった失敗は避けられるはずです。

 

まとめ

  • 無理してきたけど、なんだか仕事を頑張る意味がわからなくなってきた…
  • なんか一気にやる気がなくなってしまった…
  • 毎日苦しいけど、ここまでして仕事を頑張る意味ってあるのかな…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

ぼく自身、仕事のストレスで一度心が潰れた経験があるので、心を込めて執筆させてもらいました。

 

【この記事の要約】