「スキルはないけど転職したい...」20代におすすめの転職エージェント3選

生理的に無理。職場の独り言が気持ち悪い時の対処法を教えます。

ゆうけん

  • 元採用担当者
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 職場の独り言が気持ち悪すぎて、つらい…
  • 独り言で「ふざけんなよ!」とか言ってて怖い…
  • 気持ち悪くて、生理的に無理。もう職場行きたくない…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

その気持ちよくわかります。

ぼくの職場にも常に独り言をしている同僚がいました。

 

  • 「うざい」「きもっ」などの暴言を吐いている
  • イライラしながら「はあ」「あー!!」と言っている
  • ぶつぶつと聞こえない声量で何か言っている

こういった同僚がいました。

 

しかも隣の席だったので、いちいちびっくりする。

なにより、気持ち悪い。

 

自分に対して言ってるような気がして、疲れる。

 

あなたの職場でも同じような気持ち悪い人がいるんですよね。

心底気持ち悪いですよね。

 

嫌いすぎて関わりたくないですよね。

 

状況を改善したい場合はこの先も読んでみてください。

きっと、少しだけ心が軽くなるはずです。

 

あなたがもし、ぼくと同じような状況だとしたら、この記事を読み進めてほしいです。きっと救いになるはずです。

あなたに伝えたいことがたくさんあるんです。

 

職場の独り言が気持ち悪い時はどうすればいい?

  • 結論:辞めるしかない。あなたの職場、まじで危険です。

 

「いやいや、同僚の独り言が気持ち悪いくらいで…?」

「簡単に辞められないから悩んでるんだよ…」

「どうせ、どこの職場でも同じようなもんでしょ…」

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

職場の同僚の独り言が気持ち悪いと感じるなら、その職場は辞めた方がいいです。

いえ、逃げてください。

 

あなたの勤めている職場は普通ではありません。

詳しくは次の章からお話させていただきます。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

職場の独り言が気持ち悪いなら、辞めた方がいい3つの理由

その独り言は永遠に改善されない

1つ目の理由は「その独り言は永遠に改善されない」です。

 

「職場の同僚の独り言が気持ち悪すぎるけど、いつかは変わってくれるかも…」

そんな期待をしても、その人は変わりません。

 

自分が変わってほしいままに、変わってくれたら楽ですが、人間ってそう簡単に変わらないんですよね。

 

つまり、あなたに取れる選択肢は、

  1. 職場の同僚の気持ち悪い独り言を”今後も永遠に”我慢して働き続ける
  2. 転職して新たな職場で気持ちよく働く

このどちらかだと思います。

 

どちらがいいかは明白ですよね。

 

人生は長くないんです。

自分の気持ちを殺してまで我慢して働き続ける必要なんてありませんよ。

 

日本には無数の職場があります。

わざわざ人間関係で辛い想いをしなくてもいいんですよ。

 

自分に合った職場で働きましょうよ。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

あなたへの悪意ある攻撃の可能性が高い

2つ目の理由は「あなたへの悪意ある攻撃の可能性が高い」です。

 

その職場の同僚は高確率であなたに悪意を持って独り言をしています

あなたの耳に入っているのがその証拠。

 

本来、独り言とは周りの仕事の邪魔にしかなりません

それは社会人なら誰もが持っている共通認識です。

 

ではなぜその同僚は常に独り言をしているのか。

そこには必ず意味があるんです。

 

頭の整理をするため。

いえ、違います。

 

感情を整えるため。

いえ、違います。

 

正解は、あなたの邪魔をするためです。

 

頭の整理は紙に書き出せばいいだけですし、感情は独り言をしても整理できません。

つまり、独り言は自分にとってなんのメリットもない行為なのです。

 

ではなぜ「周りの仕事の邪魔にしかならない」独り言をするのか。

それはあなたの邪魔をするために他なりません。

 

気持ち悪いですよね。

 

そんな職場にこれからも勤め続けるなんて嫌じゃないですか?

 

では、逃げるしかないです。

別の職場を探すしかないです。

 

大丈夫です。

下の記事で紹介している転職サービスを使えば、割とすぐに転職は叶いますので。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

あなたの心が潰れてしまう

3つ目の理由は「あなたの心が潰れてしまう」です。

 

「いやいや、職場の独り言が気持ち悪いくらいのストレスくらいでは潰れないよ」なんて思う方もいるかもしれません。

でも、人間の心ってそんなに強くできていないんですよ。

 

  • 「うざい」「きもっ」などの暴言を吐いている
  • イライラしながら「はあ」「あー!!」と言っている
  • ぶつぶつと聞こえない声量で何か言っている

こんな気持ちの悪い独り言を日頃から聞いていればストレスも溜まります。

 

あなたの心は少しずつ弱っていきます。

 

そしていつしか、限界がきてしまうんです。

人の心の強度なんてそんなもんです。

 

だから、職場の独り言が気持ち悪すぎて、そのストレスで潰れてしまう前に今すぐ逃げてください。

 

あなたはそこにいてはいけないんです。

もう頑張らなくていいんです。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

仕事や職場が合わないなら、逃げてもいい理由

自分なりに頑張ってきた。でももう限界。これ以上はこの仕事を頑張れない…という方は逃げてもなんとかなります。

 

簡単に理由を説明すると、

 

  • どの業界も人手不足で人材確保に躍起になっている
  • 多少の社会人経験や実績、スキルがあれば超優遇される
  • 結論、数打てば割とアンパイな会社に採用される

一歩踏み出す勇気さえあれば、案外なんとかなります。

 

  • 「直近のお金がない」
  • 「アピールできるほどのスキルがない」
  • 「親に迷惑がかかる」
  • 「親や親戚、友人にばれたら恥ずかしい」
  • 「会社や上司、クライアントに迷惑がかかる」

こんな不安も全部わかります。

 

でも、お金がなくても、決心がついてなくても、家族に多少の迷惑がかかるとしても、会社がほんの少し困るとしても、

辞めていいんです。

自分優先で何が悪いんですか。

自分あっての人生です。

 

ちなみに当時のぼくもスズメの涙ほどの貯金しかありませんでした。リアルな貯金額は3万円とかだったと記憶しています。

もっというと、面接でアピールできるほどのスキルや実績なんてありませんでした。

 

そんなぼくでも転職活動を始めてたった1ヶ月で内定5社獲得できました。

つまり、ぼくのような微妙なスキル(簡単なExcel処理やクライアント対応程度)でも、別の会社では重宝されることもザラにあるということです。

 

何が言いたいかというと、あなたにはもっと向いている環境があるんです。

そしたら、あなたが取るべき選択肢は1つしかありません。

今の環境から抜け出すことです。

 

  • 家から近くて通勤が楽
  • 出勤時間が選べて、朝ゆっくりできる
  • 休日が多くプライベートを満喫できる
  • 今の職場より年収が高い
  • 住宅手当などの福利厚生が整っている
  • 残業が少なく、定時退社が当たり前
  • アットホームで人間関係が良好
  • 裁量が大きく、市場価値を高めれる

自分から動けば、こういった胸がトキメクような仕事が意外とすぐに見つかります。

 

しかし、あなたが悩んでいるうちに、そういった求人はどんどん埋まってしまいます

 

ちなみに、ぼくが当時使っていた中でおすすめの転職サービスは下の3つです。

実際にホワイト企業からの内定も出ているのでどれも文句なしだと感じました。

 

第二新卒エージェントneo

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

ウズキャリ第二新卒

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

就職Shop

書類選考なし大手企業の運営で安心カウンセラーのレベルが高い』の三拍子

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

それぞれの特徴や評判などを、もっと詳しく確認したい方は下の記事を読んでみてください。

転職したいけどスキルがない..20代に強いエージェント3選|おすすめ

 

今の職場に不満のある方は「いきなり転職!」とまではいかなくても、他の会社を見てみるくらいはしておくと良きです。

いざ転職活動する時に「1社も内定が獲れない..」といった失敗は避けられるはずです。

 

まとめ

  • 職場の独り言が気持ち悪すぎて、つらい…
  • 独り言で「ふざけんなよ!」とか言ってて怖い…
  • 気持ち悪くて、生理的に無理。もう職場行きたくない…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

ぼく自身、仕事のストレスで一度心が潰れた経験があるので、心を込めて執筆させてもらいました。

 

【この記事の要約】