「スキルはないけど転職したい...」20代におすすめの転職エージェント3選

体験談。転職の最終面接で落ちたショックの克服方法とその後の対策

ゆうけん

  • 元採用担当者
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 転職の最終面接で落ちたショックが克服できない。
  • ショックが大きすぎて次に何をやればいいのかわからない。
  • 混乱しすぎてどうしたらいいのかわからない。

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

転職活動をしているとほぼ必ずと言っていいほどぶち当たるのが「不採用通知」です。

それを最終面接後に突きつけられると、膨らみすぎた期待が一気に破裂してしまいます。

そうすると、どうしようもないほどの虚無感や自己嫌悪、脱力感に襲われます。

 

ぼくも転職活動で最終面接で落とされた経験があります。

最終面接まで行くと、その会社のことは調べ尽くしているし、そこで働くイメージまで膨らんでいます。

 

これでようやく転職活動から解放されるんだ。

そんな思いは全て打ち砕かれました。

当時はショックが大きすぎて、数日は何も手につかず、毎晩浴びるように酒を飲んでいました。

 

転職の最終面接で落ちたショックから立ち直れない。

落ちたショックが大きすぎて、次に進めない。

何をしたらいいのかわからなくなった。

 

あなたがもし、ぼくと同じような状況だとしたら、この記事を読み進めてほしいです。きっと救いになるはずです。

あなたに伝えたいことがたくさんあるんです。

 

転職には内定が出やすい時期出にくい時期があります。

ベストなタイミングを知って転職を有利に進めたい方はぜひ下の記事をご覧ください。

元採用担当者が解説。4月の転職って難しい?転職に有利な時期は?

 

体験談。転職の最終面接で落ちたショックの克服方法とその後の対策

  • 数打ちゃ当たる

安直ですが、何社何十社落ちようが、面談や面接を繰り返している限り、いずれはほぼ確実に内定が出ます

今は、打ちひしがれているだけです。

 

最終面接で落とされたショックは簡単には拭えません。

でも内定を獲得しない限り、何も解決はしません

数日間休んだらまた転職活動をする他に方法はないんです。

 

でも大丈夫です。

ぼくは1ヶ月間の転職期間に5社の内定を獲得しました。

決して自慢したいわけではなく、この結果はぼくが優秀だから叶ったものではないということをお伝えしたいんです。

 

むしろスキルや実績は当時の同年代より圧倒的に劣っていました。

でも転職市場が慢性的な人材不足という理由から、想像以上に内定が獲得できたんです。

 

当然ですが、数社に申し込むだけでは内定は1つも出なかったでしょう。

ぼくは自分自身が優秀でないことがわかっていたので、50社以上は応募しました。

その内の5社から内定が出ただけです。

 

わかりますか?45社以上の企業から落とされてるんです。

でもぼくを受け入れてくれる会社は5つもありました。

 

あなたもまずは50社申し込んでみてください。

1ヶ月後には転職活動から解放されていますよ。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

転職の最終面接で落ちたショックが辛くても数打ちゃ当たる理由

あなたを必要としてくれる会社は必ずある

今まで落とされてきた会社は、全てあなたに合っていなかっただけです。

面接を思い出してみてください。

 

話は合いましたか?

空気感や雰囲気は合いそうでしたか?

そこで心の底から働きたいと思えましたか?

おそらくそうではなかったと思います。

 

つまり、あなたに合っていなかったんです。

もし間違って採用されていても、あなたは入社後に苦しんでいたと思います。

だからいいんです。

 

あなたに合う会社は他にあります。

必ずあります。

 

まだ出会えていないだけです。

だからこそ、とにかく多くの求人に申し込んで、できるだけ多くの会社と面談や面接をする必要があるんです。

 

あなたが恋人や結婚相手を探すとき、「この人!」って思える人と出会うには大勢の人と会う必要があると思います。

それと同じです。

近いうちに必ずあなたにマッチした会社と巡り逢えるので、それまでは辛抱です。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

転職市場はどの企業も人手不足で困っている

多くの企業は1年中採用活動に躍起になっています。

というのも、一昔前のようなただ転職媒体に求人広告を掲載するだけでは求職者の確保が極端に難しくなったことが挙げられます。

 

この話は置いておきますが、昔と比べて転職市場は人手不足で困っているということです。

つまり、人材を欲しがる企業は多いですが、肝心の人材がいない

 

だから「あなたが転職したい。」と言えば遅かれ早かれ内定がでます

転職活動を続けてみると分かりますが、割と数打つだけで内定が獲得できますよ。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

仕事や職場が合わないなら、逃げてもいい理由

自分なりに頑張ってきた。でももう限界。これ以上はこの仕事を頑張れない…という方は逃げてもなんとかなります。

 

簡単に理由を説明すると、

 

  • どの業界も人手不足で人材確保に躍起になっている
  • 多少の社会人経験や実績、スキルがあれば超優遇される
  • 結論、数打てば割とアンパイな会社に採用される

一歩踏み出す勇気さえあれば、案外なんとかなります。

 

  • 「直近のお金がない」
  • 「アピールできるほどのスキルがない」
  • 「親に迷惑がかかる」
  • 「親や親戚、友人にばれたら恥ずかしい」
  • 「会社や上司、クライアントに迷惑がかかる」

こんな不安も全部わかります。

 

でも、お金がなくても、決心がついてなくても、家族に多少の迷惑がかかるとしても、会社がほんの少し困るとしても、

辞めていいんです。

自分優先で何が悪いんですか。

自分あっての人生です。

 

ちなみに当時のぼくもスズメの涙ほどの貯金しかありませんでした。リアルな貯金額は3万円とかだったと記憶しています。

もっというと、面接でアピールできるほどのスキルや実績なんてありませんでした。

 

そんなぼくでも転職活動を始めてたった1ヶ月で内定5社獲得できました。

つまり、ぼくのような微妙なスキル(簡単なExcel処理やクライアント対応程度)でも、別の会社では重宝されることもザラにあるということです。

 

何が言いたいかというと、あなたにはもっと向いている環境があるんです。

そしたら、あなたが取るべき選択肢は1つしかありません。

今の環境から抜け出すことです。

 

  • 家から近くて通勤が楽
  • 出勤時間が選べて、朝ゆっくりできる
  • 休日が多くプライベートを満喫できる
  • 今の職場より年収が高い
  • 住宅手当などの福利厚生が整っている
  • 残業が少なく、定時退社が当たり前
  • アットホームで人間関係が良好
  • 裁量が大きく、市場価値を高めれる

自分から動けば、こういった胸がトキメクような仕事が意外とすぐに見つかります。

 

しかし、あなたが悩んでいるうちに、そういった求人はどんどん埋まってしまいます

 

ちなみに、ぼくが当時使っていた中でおすすめの転職サービスは下の3つです。

実際にホワイト企業からの内定も出ているのでどれも文句なしだと感じました。

 

第二新卒エージェントneo

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

ウズキャリ第二新卒

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

就職Shop

書類選考なし大手企業の運営で安心カウンセラーのレベルが高い』の三拍子

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

それぞれの特徴や評判などを、もっと詳しく確認したい方は下の記事を読んでみてください。

転職したいけどスキルがない..20代に強いエージェント3選|おすすめ

 

今の職場に不満のある方は「いきなり転職!」とまではいかなくても、他の会社を見てみるくらいはしておくと良きです。

いざ転職活動する時に「1社も内定が獲れない..」といった失敗は避けられるはずです。

 

まとめ

  • 転職の最終面接で落ちたショックが克服できない。
  • ショックが大きすぎて次に何をやればいいのかわからない。
  • 混乱しすぎてどうしたらいいのかわからない。

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

ぼく自身、仕事のストレスで一度心が潰れた経験があるので、心を込めて執筆させてもらいました。

 

【この記事の要約】