「スキルはないけど転職したい...」20代におすすめの転職エージェント3選

きつい。少人数の職場を経験したぼくが本音を暴露します。

ゆうけん

  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 少人数の職場で働いてきたけど、色々とおかしい…
  • これって普通なの?と思うことが多々ある…
  • やっぱり少人数の職場は危険なのかな…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

わかります。

ぼくも社員が自分ひとりの会社で働いたことがあります。

 

こういったことが、少しずつきつくなっていくんですよね。

 

ぼくはストレスが限界にきて、転職をしました。

 

あなたがもし、ぼくと同じような状況だとしたら、この記事を読み進めてほしいです。きっと救いになるはずです。

あなたに伝えたいことがたくさんあるんです。

 

少人数の職場がきついと感じる時はどうすればいい?

  • 結論:きついなら、潔く辞めた方がいい。

 

「いやいや、でもそう簡単にはいかないでしょ…」

「簡単に辞められないから悩んでるんだよ…」

「そんなことしたら、会社に迷惑がかかる…」

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

仕事なんて、たかが仕事です。

 

少人数の職場がきついなら、早めに辞めた方が身のためです。

はっきりいって、今の状況は危険です。

 

だから一刻も早く、辞める決断をして、無理にでも逃げてほしいと思います。

 

詳しい理由は次の章で解説していきます。

 

あなたが長期で休んだら確実に倒産する

あなたが長期で休んだら確実に倒産する

1つ目の理由は「あなたが長期で休んだら確実に倒産する」です。

 

例えば、あなたが交通事故に遭い、2ヶ月働けなくなったとします。

 

現状でも「自分の代わりがいなくて休めない」ほどに破綻寸前なのに、2ヶ月もあなたが休んだら確実に倒産しますよね。

つまり、社員一人が欠けたら潰れてしまうほどの、将来性なのです。

 

あなたの人生を捧げるほどの会社でしょうか。

 

会社員なのに、それだけの責任感を抱える必要がどこにあるのでしょうか。

しかも最悪の場合、損害賠償を請求させる可能性もあるので気をつけた方がいいです。

 

色々と加味すると、どう考えても辞めるべきかなと思ってしまいます。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

キャリアを棒に振ることになる

2つ目は「キャリアを棒に振ることになる」です。

 

少し大げさに聞こえるかもしれませんが、事実です。

少人数の職場は、仕事量と責任感の割に、得られるものが少ないです。

 

大企業なら、分担でやっている雑務や、掃除なども社員がやる。

こんなことで20代の社員が成長できるわけがありません。

 

つまり、30代になって、ふと振り返ってみた時に「なにもない自分」に絶望することになります。

そんなの嫌ですよね。

 

なので、少人数の職場に不満を抱えているなら、潔く辞めてしまえばいいのです。

その直感は間違っていません。

 

素直に直感に従ってみてください。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

会社の奴隷になってしまう

3つ目の理由は「会社の奴隷になってしまう」です。

 

これはつまり、社畜ですね。

 

  • 残業が当たり前
  • 休むことが許されない空気感
  • 割りに合わない、責任感
  • 自分がいないと会社が潰れてしまう恐怖

こういったことで、精神的にも肉体的にも限界に追い込み、他の選択肢を見えなくさせる。

 

そして「自分がいないといけないんだ!」と思わせる。

これが社員を奴隷にする会社の手口です。

 

あなたの職場は大丈夫でしょうか?

もし、当てはまるようなら、今すぐにでも退職するための行動を起こした方がいいです。

 

精神的にも肉体的にも壊れてしまってからでは遅いのです。

無理して今の会社で働いてあげる必要なんてありませんよ。もう十分に貢献したじゃないですか。

 

もっといい会社は数え切れないほどに存在するので、転職を考えてみてください。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

少人数の職場できつい思いをした話|体験談

ぼくも少人数の職場に勤めていた会社員時代は、あなたと同じく、

「同僚や社長との距離感がおかしい。仕事は山のようにあるし、雑務まで全てをやっていてはとても終わりが見えない。責任も重すぎるし、きつい。こんな会社いますぐに辞めたい…」

毎日のように、そう思っていました。

 

  • 社長との距離感
  • 辞めたくても伝えにくい空気感
  • どんなに頑張っても終わりが見えない仕事量
  • 残業なんて当たり前
  • 上司から浴びせられる執拗なプレッシャー
  • 常識では考えられないノルマ設定
  • 有り得ないほどに重い責任感

ぼくはこうした過度な精神的ストレスと肉体的な疲労をずっと我慢していました。

 

仕事が終わると、泣きながらお酒を飲み、夜中まで深酒。

毎日が本当につらかった。

当然ですが、そうこうしているうちに限界がきました。

 

会社へ向かう道のりで、一歩踏み出す勇気がなくなってしまったんです。

 

ふと気づくと、目からは涙が溢れ出ていました。

ここで初めて、「あ、自分はもう限界だったんだ。もう仕事は頑張れないや。」と自覚できました。

 

それから程なくして、転職しました。

転職先はホワイトで、残業は少なく、裁量も高く、公平に評価してくれて、給与も高くなりました。

 

つまり、あなたには限界を迎える前に転職という選択を取ってほしいと強く思います。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

仕事や職場が合わないなら、逃げてもいい理由

自分なりに頑張ってきた。でももう限界。これ以上はこの仕事を頑張れない…という方は逃げてもなんとかなります。

 

簡単に理由を説明すると、

 

  • どの業界も人手不足で人材確保に躍起になっている
  • 多少の社会人経験や実績、スキルがあれば超優遇される
  • 結論、数打てば割とアンパイな会社に採用される

一歩踏み出す勇気さえあれば、案外なんとかなります。

 

  • 「直近のお金がない」
  • 「アピールできるほどのスキルがない」
  • 「親に迷惑がかかる」
  • 「親や親戚、友人にばれたら恥ずかしい」
  • 「会社や上司、クライアントに迷惑がかかる」

こんな不安も全部わかります。

 

でも、お金がなくても、決心がついてなくても、家族に多少の迷惑がかかるとしても、会社がほんの少し困るとしても、

辞めていいんです。

自分優先で何が悪いんですか。

自分あっての人生です。

 

ちなみに当時のぼくもスズメの涙ほどの貯金しかありませんでした。リアルな貯金額は3万円とかだったと記憶しています。

もっというと、面接でアピールできるほどのスキルや実績なんてありませんでした。

 

そんなぼくでも転職活動を始めてたった1ヶ月で内定5社獲得できました。

つまり、ぼくのような微妙なスキル(簡単なExcel処理やクライアント対応程度)でも、別の会社では重宝されることもザラにあるということです。

 

何が言いたいかというと、あなたにはもっと向いている環境があるんです。

そしたら、あなたが取るべき選択肢は1つしかありません。

今の環境から抜け出すことです。

 

  • 家から近くて通勤が楽
  • 出勤時間が選べて、朝ゆっくりできる
  • 休日が多くプライベートを満喫できる
  • 今の職場より年収が高い
  • 住宅手当などの福利厚生が整っている
  • 残業が少なく、定時退社が当たり前
  • アットホームで人間関係が良好
  • 裁量が大きく、市場価値を高めれる

自分から動けば、こういった胸がトキメクような仕事が意外とすぐに見つかります。

 

しかし、あなたが悩んでいるうちに、そういった求人はどんどん埋まってしまいます

 

ちなみに、ぼくが当時使っていた中でおすすめの転職サービスは下の3つです。

実際にホワイト企業からの内定も出ているのでどれも文句なしだと感じました。

 

第二新卒エージェントneo

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

ウズキャリ第二新卒

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

就職Shop

書類選考なし大手企業の運営で安心カウンセラーのレベルが高い』の三拍子

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

それぞれの特徴や評判などを、もっと詳しく確認したい方は下の記事を読んでみてください。

転職したいけどスキルがない..20代に強いエージェント3選|おすすめ

 

今の職場に不満のある方は「いきなり転職!」とまではいかなくても、他の会社を見てみるくらいはしておくと良きです。

いざ転職活動する時に「1社も内定が獲れない..」といった失敗は避けられるはずです。

 

まとめ

  • 少人数の職場で働いてきたけど、色々とおかしい…
  • これって普通なの?と思うことが多々ある…
  • やっぱり少人数の職場は危険なのかな…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

ぼく自身、仕事のストレスで一度心が潰れた経験があるので、心を込めて執筆させてもらいました。

 

【この記事の要約】