「スキルはないけど転職したい...」20代におすすめの転職エージェント3選

辛い助けて。職場で嫌われている人に伝えたい3つのこと。|実体験

ゆうけん

  • 元採用担当者
  • 新卒ブラック企業&パワハラ上司で心を病む
    →1年半で退職
    →ホワイト企業に転職
    →1年半で退職
    →未経験からフリーランス
  • 毎月10万円超のブログ収益
  • Web制作の最高月収100万超
  • Twitterフォロワー2,000人超
  • 職場で自分だけ嫌われている…
  • 職場の人間関係が合わない…
  • 辛すぎて、もう職場に行きたくない…

こんな悩みや不安を抱えている方に向けて記事を書きました。

 

その気持ち痛いほどわかります。

職場で嫌われているとつらいですよね。

 

こういった行為のひとつひとつは我慢できるかもしれません。

 

でも積み重なると、いつしか涙が出るほど辛くなってくる。

苦しくて、悲しくて「もう職場に行きたくない(涙)」と思うようになって。

ぼくがそうでした。

 

残念ながら、その状況が好転することは永遠にありません。

 

ぼくも状況を変えられませんでした。

好かれようと努力もしました。

 

でも無駄でした。

人間の感情は簡単には変わりません。

 

あなたも嫌われている自覚があるなら、もうその会社は離れた方がいいです。

頑張って自分を変えようとしなくていいですよ。

 

この先ではより詳しくお話させていただきますね。

 

あなたの心が少しだけでも軽くなるように、心を込めて書かせていただきました。きっと救いになるはずです。

あなたに伝えたいことがたくさんあるんです。

 

職場で嫌われていて辛い時はどうしたらいいの?

  • 結論:嫌われてしまったら終わり。転職するしかありません。

 

「そんな…」

「嫌われたっていつかは認めてもらえるかも…」

「そんな簡単に転職なんてできないでしょ…」

そんなことを言われてしまいそうですが、それでも言わせてください。

 

別に嫌われてもいいんです。

 

でも職場で嫌われたら、一刻も早く辞めた方が幸せになれます。

無理に頑張ろうと努力なんてしなくていいんですよ。

 

詳しい理由は次の章でお話しさせていただきます。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

職場で嫌われていて辛いなら、辞めた方がいい3つの理由

あなたはこの先も嫌われ続ける

1つ目の理由は「あなたはこの先も嫌われ続ける」です。

 

「職場で嫌われているのは辛いけど、我慢していれば時間が解決してくれるかも…」

断言しますが、それは諦めた方がいいです。

 

人の感情というのは変わらないものです。

 

あなたは今回の件で「この人は嫌なやつ」というレッテルを貼られています。

そのレッテルを剥がすのは、人の価値観を変えるのと同じくらい難しいことです。

 

長い時を共にしてきた友人や、家族ならまだしも、職場の同僚なんてのは他人です。

仕事の繋がりでしかない他人の気持ちを変えるなんて不可能です。

 

嫌われたまま、評価もされず、気まずい空気の中で働くなんて拷問に等しいです。

あなたは囚人ではないのだから、そんな辛い苦痛を味わう必要なんてないはず。

 

だから、いっその事、会社を辞めて新しい職場を見つけましょうよ。

転職すれば全て解決です。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

あなたの心が壊れてしまう

2つ目の理由は「あなたの心が壊れてしまう」です。

 

「そんな大げさな」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

「職場で嫌われている」という状況はあなたの心に相当な負荷をかけます。

 

このままだと、囚人のように扱われ、職場の同僚たちのストレス発散のターゲットとして利用されるだけのキャリアで終わります。

 

そしていつの日か、あなたの心は完全に崩壊してしまいかねません。

 

そんなの不公平じゃないですか。

あまりにも理不尽じゃないですか。

ひどすぎるじゃないですか。

 

だから今すぐに逃げる準備を始めてください。

 

あなたはそんな会社で辛い想いを抱えてまで、働くべき人ではありません。

もっと価値のある人材なんです。

 

あなたの価値に気づき、相応の対応をしてくれる会社で働くべきです。

今の会社で無理だけはしないでください。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

どうせいつかは辞めることになる

3つ目の理由は「どうせいつかは辞めることになる」です。

 

「そんな…」と思いますよね。

でも残念ながら、職場で嫌われている状況は永遠に好転しません。

 

そして、あなたを嫌っている同僚たちは、あなたが職場を辞めるまで嫌ってきます。

辞めさせようと、どこまでも陰湿に嫌がらせをしてきます。

 

そしていつしか、あなたは限界を迎え、職場を辞めることになります。

 

職場で嫌われたら、これ以外の末路はほとんどあり得ません。

 

理不尽だし、不公平だし、腹が立ちますよね。

でもこれが現実なんです。

 

人の感情は変えられないのです。

 

では、どうすればいいのか。

 

  1. 限界を迎えるまで、耐え続ける
  2. さっさと転職する

このどちらかしかありません。

 

答えは出ましたか?

ぼくとしては勇気を出して転職をしてほしいな。と思います。

 

転職はリスクがあると思われがちですが、実はチャンスに溢れています。

下の記事で紹介している転職サービスを使えばキャリアアップも収入アップも可能。

なにより、自分に合った職場を見つけられます。

 

もう今の職場で辛い想いを抱えながら、頑張らなくたっていいんですよ。

 

失敗しない転職サービスを見てみる >>

 

仕事や職場が合わないなら、逃げてもいい理由

自分なりに頑張ってきた。でももう限界。これ以上はこの仕事を頑張れない…という方は逃げてもなんとかなります。

 

簡単に理由を説明すると、

 

  • どの業界も人手不足で人材確保に躍起になっている
  • 多少の社会人経験や実績、スキルがあれば超優遇される
  • 結論、数打てば割とアンパイな会社に採用される

一歩踏み出す勇気さえあれば、案外なんとかなります。

 

  • 「直近のお金がない」
  • 「アピールできるほどのスキルがない」
  • 「親に迷惑がかかる」
  • 「親や親戚、友人にばれたら恥ずかしい」
  • 「会社や上司、クライアントに迷惑がかかる」

こんな不安も全部わかります。

 

でも、お金がなくても、決心がついてなくても、家族に多少の迷惑がかかるとしても、会社がほんの少し困るとしても、

辞めていいんです。

自分優先で何が悪いんですか。

自分あっての人生です。

 

ちなみに当時のぼくもスズメの涙ほどの貯金しかありませんでした。リアルな貯金額は3万円とかだったと記憶しています。

もっというと、面接でアピールできるほどのスキルや実績なんてありませんでした。

 

そんなぼくでも転職活動を始めてたった1ヶ月で内定5社獲得できました。

つまり、ぼくのような微妙なスキル(簡単なExcel処理やクライアント対応程度)でも、別の会社では重宝されることもザラにあるということです。

 

何が言いたいかというと、あなたにはもっと向いている環境があるんです。

そしたら、あなたが取るべき選択肢は1つしかありません。

今の環境から抜け出すことです。

 

  • 家から近くて通勤が楽
  • 出勤時間が選べて、朝ゆっくりできる
  • 休日が多くプライベートを満喫できる
  • 今の職場より年収が高い
  • 住宅手当などの福利厚生が整っている
  • 残業が少なく、定時退社が当たり前
  • アットホームで人間関係が良好
  • 裁量が大きく、市場価値を高めれる

自分から動けば、こういった胸がトキメクような仕事が意外とすぐに見つかります。

 

しかし、あなたが悩んでいるうちに、そういった求人はどんどん埋まってしまいます

 

ちなみに、ぼくが当時使っていた中でおすすめの転職サービスは下の3つです。

実際にホワイト企業からの内定も出ているのでどれも文句なしだと感じました。

 

第二新卒エージェントneo

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

ウズキャリ第二新卒

20代の転職に強い。非公開求人多数。残業量や人間関係などの内部情報も教えてくれる。

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

 

就職Shop

書類選考なし大手企業の運営で安心カウンセラーのレベルが高い』の三拍子

 

第2新卒向け書類選考なし
無料で登録してみる >>

 

それぞれの特徴や評判などを、もっと詳しく確認したい方は下の記事を読んでみてください。

転職したいけどスキルがない..20代に強いエージェント3選|おすすめ

 

今の職場に不満のある方は「いきなり転職!」とまではいかなくても、他の会社を見てみるくらいはしておくと良きです。

いざ転職活動する時に「1社も内定が獲れない..」といった失敗は避けられるはずです。

 

まとめ

  • 職場で自分だけ嫌われている…
  • 職場の人間関係が合わない…
  • 辛すぎて、もう職場に行きたくない…

こんな方に向けて、どうしたらいいのかを具体的にお伝えいたしました。

ぼく自身、仕事のストレスで一度心が潰れた経験があるので、心を込めて執筆させてもらいました。

 

【この記事の要約】